2017/06/17

ひとパー最終回予想と原作の結末ネタバレ!何話で完結?ラストが気になる!

 
人は見た目が100パーセント ひとパー 最終回 結末

この記事を書いている人 - WRITER -

桐谷美玲さんが女子力0のリケジョに!

 

水川あさみさん、ブルゾンちえみさんとともに女子もどきから脱出すべく「美の特別研究」をはじめたのだが…

女子もどきの3人はステキ女子になれるのでしょうか?

 

そんな「人は見た目が100パーセント」は、どんな結末になるのでしょうか?

今回は原作の結末やドラマの結末など予想していきます。

 

※結末予想は個人的な意見となりますので、実際の結末とは違う場合があります。

 

ドラマを見逃してしまった方へ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系で放送されているため、
動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

 

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。

 

フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

Sponsored Link

「人は見た目が100パーセント」の簡単なあらすじは?

城之内純(桐谷美玲)は、製紙会社に勤めるマジメでさえない理系女の研究員。

 

ある日、突然、大手化粧品メーカー「クレエラジャパン」に吸収される事に。

 

しかも、その会社は丸の内にオフィスをかまえていると聞き、

純の気持ちはどん底に落ちてしまう。

 

その上、「これからはもう少し身なりにきを使った方がいい。

人は見ためが100%ですから」とセンター長に言われてしまう。

 

困り果てた、純と満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)は

就業後にビューティについて研究しようということになる。

 

女子もどきの3人が、おしゃれ研究をはじめ、

今まで入ったことのないおしゃれなビルや、今流行っている洋服やバッグ、メイクに挑戦するが

慣れない3人は、どれをやってもうまくいかない。

 

その上、新しい会社にはおしゃれな美容院があり、

そこで働くイケメン美容師との出会いにも純には受け入れられない現実

 

3人は、ステキ女子になってイケメン男子と素敵な恋をすることができるのでしょうか?

 

3人を見ていると、なにか自分も始めたくなるような背中を押してもらえるような、

そんな楽しいラブコメディー。

 

ステキ女子になるために努力する3人の奮闘ぶりに大注目です!

 

 

「ひとパー」は何話で最終回になるのか?

公式には発表されていませんが、

連続ドラマの場合10話で最終回になることが多いので、

ひとパーの方も10回で終了ではないかと思います。

追記:10話で完結となりました!

 

 

「ひとパー」原作の結末は?

原作は、大久保ヒロミさんの同名漫画です。

2014年から女性コミック誌「BELOVE」で連載が開始され

2016年まで単行本4巻刊行されています。

 

さて、原作の方はどのような内容になっているのでしょうか?

原作の結末をご紹介したいと思います。

 

※以下、原作あらすじにはネタバレを含みますので注意してください。

 

 

城之内純は、八王子製紙研究所に勤める理系女子だ。

研究仲間には、主婦の前田満子、個性的なセンスを持つ佐藤聖良がいる。

 

大手化粧品メーカーに吸収合併されることになりオフィスは東京丸の内に変わることになり、

純ら3人は激しく困惑する。

 

ある日、顔合わせを兼ねたパーティに出席した純たちは、

慣れない場所にのぼせ上り、失態をさらしてしまう。

 

その上、センター長の國木から「これからはもう少し身なりに気を付けるように。人は見た目が100%です」と言われてしまう。

 

突然の変化に戸惑いながらも女子もどきの3人は

素敵女子を目指し日々研究室で美について研究を始めるのだった。

 

ある日、純はオフィスの下で働く美容師榊圭一と出会う。

そして、「綺麗な黒髪ですね」と褒められてしまう。

 

これまで男性に容姿で褒められることなんてなかった純は夢見心地になり

榊に恋をしてしまう。

 

純は、榊に会うために美容院に通い始める。

そのため髪はどんどん短くなり、自分が父親にそっくりに見えショックを受けてしまう。

 

おしゃれ研究なんて意味があるのかと、満子と聖良と口喧嘩をしてしまい

今まで続けてきたおしゃれ研究をやめてしまう。

 

2人と喧嘩したことによって美優らと行動するようになった純。

素敵女子のアドバイスで、流行りの見た目にチャレンジしてみるが感じるのは違和感だけだった。

 

それでも美優らは「かわいい」と純をほめてくれる。

その「かわいい」すら純には理解できなかった。

 

そんな時、純がお洒落アイテムに違和感を感じている所に出くわす。

 

純は自分が2人に言ってしまったことを反省し、3人は仲直りをする。

 

ある日、聖良は榊が同業の女性と結婚したという事を聞きつけてくる。

 

榊に恋をしている純を心配する聖良だったが、

純は自分のために榊のために研究を続けていた。

 

ある日、眼鏡を研究していた3人。

今時の眼鏡とメイクを手に入れた純は「これで美容院に行ったら話が盛り上がるかな?」という。

 

そんな純を見て、2人は思い切って純に「知らないの?」と尋ねてみた。

すると、「結婚の事?」と純は言う。

 

純が榊が結婚をした事を知っていたのに、

どうしてショックをうけてないのかと問うと、

純はそのことについて話始めた。

 

榊の結婚を知った日、純はショックで頭が真っ白になったという。

でも、想像以上に心が痛んでいないことも同時に気づいた。

 

純は榊に恋をしていたのではなく、

「綺麗な黒髪ですね」と褒められたその言葉に舞い上がったのだという。

 

褒められたことのない純が褒め言葉に酔い、

それを恋と勘違いしたのだという。

 

結婚後、おしゃれをさぼっていた満子は、褒め言葉や褒められたいという気持ちが減ったせいだと感じ、

聖良もおしゃれ研究を始めるようになり人からホメられることが増えた事、

ホメられた日は純と同じように幸せな気持ちに溢れると純の言葉に賛同する。

 

3人は、気分を新たにまた、研究を始めるのだった。

 

原作の結末はこのようになっています。

 

原作の方では、1話完結の物語で、

おしゃれの研究を重ねていくというストーリーです。

 

ですから、どのような結末になるのか正確にはわかっていませんが、

どちらかというと、恋愛要素は少なく最新のおしゃれ事情を学んでいけるコメディー要素の強い作品になっているようですね。

 

Sponsored Link

 

「ひとパー」ドラマの結末は?

ドラマの方は、原作のエピソードをいくつか入れながらの展開になっているようですね。

研究アイテムもドラマ独自のものもあるようです。

 

原作の方は、恋愛要素があまりありませんので、

ドラマの方はもう少しオリジナルの恋愛要素も取り入れていくと思いますが、

榊さんの結婚のエピソードは入れてくるように思いますね。

 

榊さんの結婚エピソードの前に、

ステキ女子と榊さんを巡る三角関係なども描かれると面白そうですよね。

 

最終的には、榊さんの結婚により、純たちは気づく気持ちがあるので

榊さんと純が結ばれず、榊さんは結婚をするという結末になると思います。

 

そして、その気持ちから素敵女子になるために褒めてもらえるよう、

おしゃれ研究をもっとしていきましょうという結末になるのではないかと個人的には思っています。

 

 

まとめ

人は見た目が100パーセントの最終回予想と原作のあらすじについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

原作では、ラブストーリーというよりもおしゃれ要素の方が多い物語ですが、

ドラマの方はどのような展開になっていくのか楽しみですね。

 

ドラマの最終回結末ネタバレはこちらから!

「人は見た目が100パーセント」が最終回を迎えましたがみなさんは御覧になられましたでしょうか? 女子もどきの3人が、ファッションや恋愛に全力で取り組むこのドラマ。 ようやく手に入れた恋愛だけど、まさかの2股が発覚! 城之内純は、この恋を手に入れるのか?それとも友情を取るのか。 最終回はどんな結末になったのか、ご紹介したいと思います。 【ドラマを見逃してしまった方へ】ドラマ「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系で放送されているため、動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(F...

 

ひとパーの原作漫画も気になる人はチェックしてみてくださいね▼

 

ひとパーの関連記事はこちら

 

見逃してしまった方へ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系で放送されているため、

動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。


フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.