2017/07/14

あなそれドラマの結末最終回予想と原作ネタバレ!ラストはどうなる?

 
あなたのことはそれほど あなそれ 最終回 結末 ネタバレ

この記事を書いている人 - WRITER -

人気漫画家、いくえみ綾さんの同名漫画「あなたのことはそれほど」の

世界を東出さん、波留さん、仲里依紗さん、鈴木伸之さんが演じています。

 

偶然の再会から不倫の道へと進む妻。

不倫されているとわかっていても妻を愛し続ける夫。

浮気している夫を手のひらで転がしている妻。

軽い遊び心で浮気をしてしまった夫。

 

大人の四角関係、いびつなラブストーリーです。

 

この関係の結末は一体どうなってしまうのでしょうか?

「あなたのことはそれほど」の最終回や結末の予想をご紹介していきたいと思います。

 

※こちらの記事は以降ネタバレになっておりますのでご注意ください。

Sponsored Link

「あなたのことはそれほど」の原作はどんな内容?

原作漫画は現在まだ連載中で最終回を迎えていませんので

連載中までのあらすじをネタバレしたいと思います。

 

“偶然の再会から有島への思いが溢れた美都。

 

ある日、有島と待ち合わせをしていたのだが、

今日はダメになったと言われてしまう。

 

理由を聞けば有島は結婚しており、今日子供が生まれたというのだ。

有島をどうしても離したくなかった美都。

 

私も結婚しているから大丈夫。と有島を引きとめて告げた。

そんな美都を見て有島は「変なやつ」そう言った。

 

有島に子供が生まれても2人の関係は続いていたが、

有島は美都との時間を削るようになっていた。

 

一方、美都は夫の涼太から子供を作ろうと言われる。

あまりにもリアルタイムな話題に美都は動揺するが

「子供なんていりません」ときっぱりと断るのだった。

 

親友の香子に有島のことを話すと、ありえない、節操なし、

あんないい旦那さんがいるのにと一喝されるが、美都の心には響かない。

 

有島への思いが加速する美都を少し面倒になった有島は、

何か趣味でも持てば?と美都へ提案する。

 

そこで美都は陶芸教室に入ることに決める。

ある日、陶芸教室に子供連れの女性が現れる。

彼女を“有島さん”と呼ぶ周りの声に美都はそれが有島の妻だと気づく。

 

そして結婚記念日と美都の誕生日の日を迎える。

この日、有島と会う約束をしていた美都だったが

有島にドタキャンされ仕方なく自宅で過ごすことに。

 

その日、涼太も美都の携帯を見ていたことや有島の連絡先のデータを持っていること、

浮気していることを知っていると美都にすべて話す。

それでも変わらず愛するという涼太に美都は家を出る決意をする。

 

家を出た美都だったが、どこにも行くところがない。

その時、親友の香子から連絡が入る。

 

どうやら涼太が電話をしたらしいのだ。

 

そして香子に、「涼太は変態だ」と言うのだが、

「私からしたらあんたも変態だわ。有島に大事にされているとでも思ってるの」

とズバリ本当の事を言われてしまいます。

 

そんな香子の言葉も美都にはささらなかった。

 

一方、有島の方は麗華の祖母が危ないと聞き実家へと帰っていたが、

仕事があるため有島は一足先に家に帰ることとなっていた。

 

車を発進させようとすると、突然麗華が助手席に乗り込む。

「私も帰ろうかな」と言った麗華。

最後には、「好きなことをしていいと言われたらとりあえず、あなたを今ひとりにはしない。行ってらっしゃい。気を付けて」と

不敵な笑みを浮かべるのだった。

 

妻にすべてバレていると感じた有島は、美都を呼び出し

「友達に戻らないか」と告げるのだが美都はそれを受け入れようとしない。

 

香子の気持ちも踏みにじり再びホテルに向かうが

「今日はできない」と有島に断られる。

 

謝りながら「家に帰れ」という有島に

「じゃあ最後にやろう」と美都はいうのだった。

 

実家から帰宅した麗華も昨日自宅に帰ってきてないことを気づき

有島に突っ込む。

 

そして「困ったことがあったらなんでも私に言ってね」というのだった。

それは、気づいている、わかっているという麗華なりの釘指しだったのだ。

 

一方、家出している美都を実家に迎えに来た涼太だったが

美都の気持ちは変わらず「離婚してください」と伝える。

 

話合うために美都は一緒に自宅に戻った。

 

その頃、有島家では夫婦二人で久しぶりにデートをしていた。

そこで麗華は「亜湖を私にくれてありがとう」などと有島に言い出す。

 

別れを切り出されているのかと思った有島は、

ついに自分が浮気していた事を麗華に告げてしまうのだった。

 

軽いノリでした浮気だと言った有島に「なんの話?」という麗華。

 

麗華は「ワタナベという女性が来たことと、ワタナベという男性が現れたこと。

あなたが聞かれて困ることがあると固まること。知っているのはそれだけ」

そう告げて自宅に戻る。

 

その後も変わらない麗華の態度に有島は動揺する。

 

美都はと言えば、涼太と話し合い離婚届を記入しはじめていたが

最後まで涼太は粘り続ける。

 

新しい家を探していた美都だったが生理が遅れていることに気づく。

もし子供ができていたら父親は有島だと確信する美都。

 

そのことを涼太に話すも「守るよ。俺の子として育てる」と言われてしまう。

 

それを聞いた美都は、本当に涼太とは無理だと感じ「あなた頭おかしい」言い放つ。

 

有島の方は、あの日以来変わらない麗華に動揺していた。

休日を一緒に過ごしていた時、有島はどうして麗華を選んだのかを麗華に伝え始めるが、

「一緒にいて辛い。どうして嘘をつき通してくれなかったのか」と言い「もう無理」と言われてしまう。

 

有島は「絶対違う!」と必死に麗華を説得し始めたのだ。

 

一方、美都は妊娠していなかった。

涼太から逃げるように家を出て借りた部屋で夢を見ていた。

自分がひどい母親になる夢だった。

 

目覚めた美都はコンビニに行き、コーヒーを買いさっきの夢を思いだしていた。

そして、ひどい母親になるところだったよかったと胸をなでおろすと同時に

有島との関係をまだ続けていたいとも思っていた。

 

しかし現実は、自分は一人だ。

そして同時にそんな私を選んだ涼太の事を思い出した。

 

ある日、送別会に出席していた有島。

自宅に帰ると「実家に戻ります」と置手紙がおいてあった。

お酒を飲んでしまい迎えに行けないことを悔やむ有島。

 

急いで電話をかけるも「帰る気がない」と言われてしまう。

 

「私が怖い?」と聞かれた有島は「いなくなってしまうことが怖い」と告げます。

そんな有島の言葉を聞いても麗華は答えることなく電話を切ってしまう。

 

麗華にメッセージを送ろうとしたとき、電話が鳴り麗華と思った有島だったが

相手が美都と知りがっかりして電話を切った。

 

電話を切られた美都は、なんとなくそうされるのがわかっていた。

そして一人焼肉をやけ食いし始める。

 

その時、涼太からメッセージが届く。

 

「僕も一人で頑張ります。離婚届郵送してくれたら出しておきます。お元気で。」

 

そんなメッセージだった。

 

簡単に終わってしまったことに拍子抜けする美都。

 

一方、翌日麗華のもとに向かった有島。

麗華にすがるが追い返されてしまう。

 

美都は、涼太のメッセージを信じるか信じないか迷っていたが

離婚届を郵送することに決める。

 

そして、それを受け取った涼太は、香子に電話をし呼び出し

証人の署名捺印を頼むのだ。

 

その時、香子は涼太が明日誕生日だということに気づく。

すると涼太は「これが彼女から僕へのプレゼントですよ。ひどい女でしょ?」と香子に言う。

 

次の日、涼太は美都に離婚届の記載が終わったこと、役所に出すことをメールする。

 

なんて返事をしようかと迷った美都は「お誕生日おめでとうございます」と送る。

 

すると、涼太から電話が入り、「覚えていてくれてありがとう」と言い

「子供ができなくてがっかりした?」と問うが美都は「ホッとしたよ」と強気で返す。

 

そして涼太は、電話を切る時「最後に一緒にごはんを食べにいかない?」

と美都を誘った。

 

食事の場所はおでん屋の屋台だった。

何も思い出のない場所の方がいいと涼太が選んだ場所だった。

 

久しぶりの涼太との時間にまったりとした美都。

その時、「やり直したい、できることなら。でも無理なこともわかっている」と涼太はつぶやく。

 

やっぱり来るんじゃなかったと思った美都に香子からメールが届く。

 

内容は、昨日涼太とあったこと。

そしてあんたが言っていたようにあの人少し怖いという内容だった。

 

「誰?香子さん?」と聞かれた美都は、咄嗟に嘘をつく。

 

すると涼太は、「家の中の模様替えしているから今度遊びに来てよ」と美都に言った。

 

一方有島は麗華との関係を戻せるように努力をしていた。

会いたくないと言われても、「亜胡の父親だから会う権利がある」と言い

朝、「行ってきます」と言い会社に行き、夜に「ただいま」と現れる。

それをずっと続けていた。

 

麗華の実家から帰る途中、有島に美都から離婚したというメールが届く。

「まじか」とつぶやいた時、涼太に似た男性にぶつかられ驚く有島だった。

 

有島は、毎日通い何を言われても「麗華を愛している」と伝え続けた。

 

そして有島は以前届いた美都からのメールに返信をした。

 

もう会わないこと、連絡先も削除すること、うちは絶対別れない

という内容だった。

 

すると美都から“了解です。あやまることはありません”と返信が届いた。“

 

ここまでが原作の進行具合です。

 

かなりいろんなことがあり、結果美都と涼太は別れるが

有島は家庭を取り戻すために努力し続けているという展開ですね。

 

この後、涼太はすんなりこのままで終わるとは思えませんし

麗華のこころもかなり固いようですので、展開が楽しみですね。

 

Sponsored Link

 

「あなたのことはそれほど」ドラマの結末はどうなる?

気になるのはドラマの結末ですよね。

 

先ほどもお話したようにいくえみ綾さん原作の「あなたのことはそれほど」は

祥伝社「FEEL YOUNG」で現在も連載中です。

 

単行本の方は、第5巻まで発売されています。

 

そのため、まだ原作の方も完結していないので

はっきりした結末はわかってはいません。

 

ドラマの方は、原作のエピソードをもとにオリジナルの結末になるか、

原作のキリがいいところで終わると予想しています。

 

原作の方で分かっているのは、涼太と美都は離婚をするということ。

そして有島と美都との関係も終わりを迎えているということですね。

 

有島への最後のメールでドラマの方も終わるという結末もありですよね。

 

このまま、美都と有島が別れて、有島は家庭を取り戻すような気もしますが、

涼太さんがこのままで終わるのか?ということもありますよね。

 

有島が、麗華とはうまくいかず、美都のもとに戻るという展開もありそうな気もしますが、

個人的には美都はひとりになり有島の家庭は修復するという結末になるような気もします。

 

しかし、涼太がどう動くのかも結末にかなり重要な部分となるので

今後ドラマと原作の方の展開が楽しみですね。

 

 

「あなたのことはそれほど」原作の結末は?

ドラマより少し遅れて原作の方も完結しましたので、

原作の最終回・結末をご紹介していきたいと思います。

※原作結末はネタバレを含みますのでご注意ください!

 

原作結末

復縁を望む涼太に頭を下げて別れを告げた美都。

住民票を取りに行った美都は離婚できていたことを知る。

 

香子に電話で「あたし、本当に離婚してました」と告げた美都。

“本当にしてた”と言葉を繰り返した。

 

一方、体調不良になり入院していた有島は、

退院後マンションのエントランスで横山夫婦に出会う。

 

「奥さんなめてたらろくな目にあいませんよ」と旦那に忠告した有島。

そこに奥さんが来て麗華に「自信満々で正しい事を言っている」と言ってしまったことを謝る。

 

すると有島は「ああ、でも俺は自信満々のそういうあの人が好きだからいいんじゃないですかね」と告げた。

 

そして自宅の扉を開けるとそこには麗華と亜子がいた。

有島が入院していたと聞いた麗華は驚く。

 

「白髪が増えちゃった」と見せた麗華を抱きしめた有島は、

「美容院いきなよ。綺麗にしてきなよ」と抱きしめながら言うと

「なら放してくれる?」と言う麗華に「やだ」と言い離さなかった。

 

「あなたの浮気ひとつでこんなにも乱される自分の心に興味がわきました。なので、もう少し様子を見ましょう」と抱きしめながら言う麗華に

有島は抱きしめる力を強めた。

 

一方、美都は母親の病院に通っていた。

奮闘しながらも母親の看病に通う美都は病院帰りに有島夫婦を見かける。

幸せそうな有島家族を見て美都は恋が終わった事を感じた。

 

その頃、涼太は母親の墓参りに来ていた。

美都への未送信メールを見る涼太。

 

“ありがとうみっちゃん。

短い間だったけど、僕と夫婦でいてくれてありがとう。

みっちゃんは間違いなく僕が一番愛した人でした“

 

そのあとには、美都に言われた“優しい暴力”という言葉が胸に刺さったということ。

美都への恨みや憎しみ、愛情と矛盾でおかしくなってしまったこと。

 

そして、

“僕らの出会いは暴力でしたか…?

息もできなかったほど緊張していた初めてのデート、今までの2人の全て与えたものが暴力でしたか…?

それならば残念で、悲しいと。

みっちゃん、疲れていませんか?

誰かの助けは必要ではないですか?

僕にできることがあればいつでも力になります。友人として“

 

未送信メールにはそう書かれていた。

 

それを送ろうか、送るまいか迷う涼太。

「でもね、ほんと僕は力になれると思うんだよね」そう呟いた。

 

美都は母親の見舞いを終え、一人家路につこうとしていた。

そして麗華は「やってみたかったのよね…一人焼肉」

そう呟きながら一人焼肉をしていた。

 

―そうね。

嫌いじゃなかった。

憧れでもなかった。

うらやましくもないし不幸なことなど一度もなかった。

 

ほんと それほどには ね。

 

ドラマでの最終回のセリフは、涼太が美都の事を“それほど”と言いましたが、

原作漫画の方のラストのセリフ“ほんと それほどには ね。”は

いろんな意味を含むセリフになりましたね。

 

美都と麗華がお互いの事を言っているのかもしれないし、

涼太との結婚、有島との結婚を示しているのかもしれませんし、

読者に託すラストシーンであったと思います。

 

みなさんはどんな解釈をしましたか?

 

 

まとめ

あなそれ最終回の結末予想をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

原作の方も終わっていないので結末がどのようになるのか

かなり楽しみでもありますね。

 

まだまだドラマは始まったばかり、

これからかなりたくさんの修羅場が待っていますね。

 

4人がどのような決断を下すのか、楽しみに見ていきたいと思います。

 

結末予想は個人的予想ですので、実際の結末とは異なる場合がありますのでご了承ください。

※原作とドラマは無事最終回を迎えました。

 

ドラマの最終回結末ネタバレや感想についてはこちら▼

涼太との生活にピリオドを打ち一人暮らしを始めた美都。有島の子供を妊娠したと思っていたのだが、妊娠はしてなかった。 美都と涼太は?有島と麗華は、どうなるのでしょうか? ドラマのほうは最終回を迎えましたので、あなたのことはそれほど(あなそれ)最終回のあらすじと結末ネタバレなどをご紹介していきたいと思います。「あなたのことはそれほど」最終回のあらすじと結末ネタバレ美都は有島の子供を妊娠していなかったことを涼太に報告するが、思いのほかあっさりとした返事を返され拍子抜けする。 有島は、麗華...

 

あなそれの原作漫画が気になる人はチェックしてみてくださいね▼

 

あなそれ関連記事はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.