2018/02/08

陸王のアトランティスのモデル企業(会社)は?アシックスときねや足袋という噂を徹底調査!

 
陸王 アトランティス こはぜ屋 モデル企業

この記事を書いている人 - WRITER -

いよいよ始まる日曜劇場「陸王」ですが、放送前から様々な話題が飛び交っています。

 

陸王は、老舗足袋屋がランニングシューズを開発するという企業再生ストーリとなっています。

 

その企業のモデルとなっているのはどこなのか!?

 

そんな話題も上がっているんですよ!

みなさんも気になるところではないでしょうか?

 

そこで、陸王に登場する企業のモデルはどこなのか!

徹底的に調査していきたいと思います!

Sponsored Link

「陸王」に登場する企業はどんな会社なの?

こはぜ屋

陸王に登場する「こはぜ屋」は、このドラマの舞台となる企業です。

 

埼玉県行田市にある老舗足袋屋で、

四代目の社長・宮沢紘一を役所広司さんが演じています。

 

こはぜ屋は年々先細る足袋の需要に資金繰りにも困っていました。

 

そんな時、銀行担当者のやり取りの中で新規事業への参入を考え始めます。

それなくしてはこはぜ屋に未来はないと感じたのです。

 

そこで考えたのが“ランニングシューズ”

 

足袋製造で培った技術を生かし“裸足感覚”を追求したランニングシューズを開発することを決めました。

 

果たしてランニングシューズの開発は成功するのか!

このドラマの最大の見どころでもあります。

 

 

アトランティス

そしてこのドラマに欠かせないもう一つの企業は“アトランティス”です。

 

アトランティスは、アメリカに本社を置く有名スポーツメーカー。

 

宣伝のために有力選手にシューズを提供し、知名度を上げてきました。

 

アトランティスは利益第一主義であり、将来有名な選手とのサポート契約を結びシューズを提供しているが、

活躍しないとなればあっさりと切り捨てるという冷徹なやり方。

 

陸王のキーパーソンでもある茂木裕人(竹内涼真)もその一人。

TBSの日曜劇場と言えば「半沢直樹」や「下町ロケット」など大ヒット作品を送り出しているドラマ枠です! そんな日曜劇場の10月期はTBSが満を持して送る感動の企業再生ストーリー。池井戸潤さん原作の「陸王」です。 陸王は老舗足袋業者がランニングシューズを作るというストーリー! ランニングシューズと言えばマラソン!物語の中でもこのマラソンというのがかなり重要なキーワードとなります。 そのマラソンランナー茂木裕人役に選ばれたのが今最も旬な男!竹内涼真さんです! そんな竹内涼真さんや茂木...

 

怪我で長期戦線離脱するとあっさりと切り捨てるのですが、

こはぜ屋が茂木裕人のサポートに入ると知ると様々なやり方で邪魔をしていきます。

 

こはぜ屋の強敵となるアトランティスの動きも見逃せません!!

 

 

陸王のこばせ屋とアトランティス会社のモデル企業はどこなの?アシックスときねや足袋という噂は?

陸王の原作者である池井戸潤さんの作品の最大の魅力は

ストーリーのおもしろさ、そして人物や風景描写のリアルさです。

 

池井戸潤・代表作品

・半沢直樹

・下町ロケット

・空飛ぶタイヤ

・ルーズベルト・ゲーム

 

代表作品だけ見ても一度は聞いた事がある作品ばかりですよね!

 

今回ドラマ化される「陸王」は2016年に発売されたもので

映像化の早さから話題にもなりました。

 

この陸王も池井戸潤さんが描くリアルさでその世界に引き込んでくれます。

 

そのため実際にモデルが実在するのでは!?という憶測も広がります。

 

今回の陸王で登場する「こはぜ屋」と「アトランティス」もモデルが実在するのでは!?と話題も大きくなっていますが

陸王は完全オリジナルストーリーであるためモデルとなる企業や会社は実在しないというのが本当のところ。

 

しかし、こはぜ屋のモデルは埼玉県行田市にある

足袋メーカー「きねや足袋」であること。

アトランティスのモデルは「アシックス」であるとされています。

 

では、どうしてこんな憶測が広がってしまったのか!?

 

それは、「陸王」を執筆するにあたって池井戸潤さんが取材に訪れたという事からきているようですね。

 

実際にモデルではないけれど、徹底的に取材しそのリアルさに、本当にモデルになっているのではないかと思わせるのは

池井戸潤さんのスゴイところでもあると言えますね!

 

では、実際に取材された企業はどんな企業なのかご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

こはぜ屋のモデルとされているのは「きねや足袋」

自染め白kineyamuteki

takayuki nakazawaさん(@kineyatabi)がシェアした投稿 –

陸王で舞台となるこはぜ屋のモデルとなっているのは

埼玉県行田市にある「きねや足袋」さんといわれています。

 

創業は1929年、当時から「ミシン・道具・人」にやさしい行田足袋作りをしているそう。

実際に2013年に池井戸潤さんが取材に訪れたとの情報がありました。

 

さらに、このきねや足袋さんではランニングシューズも販売されているんですよ!

 

その名前が「MUTEKI」と言われる商品で、上の画像のものです!

これが陸王でこはぜ屋が作ったマラソン足袋「陸王」のモデルになっているのではないかと予想されていますが、

池井戸潤さんの事務所の方は別物と言われています。

 

しかし、このシューズが参考となって「陸王」が誕生したのかもしれませんね

 

9月には新作も発売されており、放送開始されるとかなり売れるのではないかと予想しています!

 

「MUTEKI」についてのみなさんの感想

老舗の足袋屋さん きねやのランニング足袋「muteki」 健康のためにこれでウォーキングします。

Masato Horiさん(@massatoh)がシェアした投稿 –

 

▽MUTEKI最新モデルはこちらから購入できます

 

▽MUTEKIはこちらから購入できます

 

「きねや足袋」情報

住所:埼玉県行田市佐間1-28-49

電話:048-556-6361

HP:http://kineyatabi.co.jp/kineya/

 

 

アトランティスのモデルと言われているのは「アシックス」

アトランティスのモデルと言われているのは「アシックス」です。

「アシックス」と言えばみなさんもご存知の有名ブランドですよね。

 

アシックスと陸王のアトランティスにはいくつかの共通点があることからこのようなうわさが広まったようですね。

 

アシックスとアトランティスの共通点

名前が似ている

トップ選手の要望を聞き別注シューズを提供していた

シューフィッターがいた

選手に広告塔をしてもらっていた

 

ざっくりあげるとこのような共通点があることからモデルではないかと言われいますが、

陸王のアトランティスと違う部分もたくさんあります

 

アトランティスは、使えない選手を切り捨てることや、シューフィッターをクビにするなど冷徹なやり方の企業となっていますが、

実際にアシックスはこのような企業体質ではありませんしライバル企業に嫌がらせをすることもありません

 

アトランティスはアメリカに本社を置く企業として設定されていますが

アシックスは日本の企業ですしその点も違っていますね。

みなさんもいろんな感想を持たれているようですね。

しかし池井戸潤さんも完全オリジナルストーリーでありモデルはないと言われていますので、

個人的にはアシックスという線はかなり低いのではないかと感じています。

 

 

まとめ

内容ざっくりまとめ

陸王のモデル企業は「アシックス」と「きねや足袋」と言われている

陸王のモデルになったランニングシューズは「MUTEKI」である

アトランティスとアシックスにはいくつか共通点がある

 

陸王のモデルとなった企業について記事にしました。

 

池井戸潤さんは完全オリジナルストーリーで実在するモデルはないと言われていますが、

実際に取材に訪れた企業もあるためこのようなうわさが広まったと予測しています。

 

陸王のモデルとなったと思いわれるシューズは現在も販売されていますので、

放送開始されると売り上げも上がるのではないかと予想しています!

 

陸王の関連記事はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.