2017/06/05

嫌われる勇気4話の犯人とあらすじネタバレ!視聴率と感想評価は?

 
嫌われる勇気 4話

この記事を書いている人 - WRITER -

アドラーの心理学を体現した刑事庵堂蘭子が

次々と難事件を解決していく『嫌われる勇気』。

 

第4話はどんな事件をどんな風に解決したのでしょうか?

 

あらすじや感想などをご紹介していこうとおもいます!

 

3話についてはこちら↓

アドラーの心理学を元にした刑事ドラマ「嫌われる勇気」。 毎回、事件の解決の中にアドラーの心理学をもりこんだ今までにはない刑事ドラマとなっています。 さて、今回はどんな事件が起こったのでしょうか?「嫌われる勇気」第3話のネタバレや感想をご紹介していきます! 2話についてはこちら↓ 【ドラマを見逃してしまった方へ】ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ系で放送されているため、動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。 登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますの...

 

ドラマを見逃してしまった方へ

ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ系で放送されているため、
動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

 

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。

 

フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

Sponsored Link

「嫌われる勇気」4話のあらすじ

※犯人のネタバレも含みますのでご注意ください。

 

 

蘭子は、青山と共に、元大臣の狸穴勝利の葬儀に来ていた。

 

そして、霊柩車が出発する直前、蘭子は葬儀は中止すると告げ

青山を霊柩車に乗せ遺体を病院へと運ばせる。

 

時は遡ること1時間前、警察に狸穴のかかりつけ医が来ていた。

妻からの連絡に狸穴家を訪れると勝利は死亡していた。

 

詳しく調べたいという医師に妻は心不全でなくなったと

死亡診断書に書いてくれと言われた。

その事を不審に思った医師は警察に調べ直してほしいと依頼してきたのだ。

 

それを聞いた係長を始め浦部ら刑事は怪しいと感じつつも

相手が国会議員と言うことで尻ごみをしていたが

蘭子はいつもように狸穴の自宅に向かったのだ。

 

そんな蘭子の自由すぎる行動をいつもように大文字に相談する青山。

「自由とは何か?」という大文字の問いに、「永遠の片思いのようなもの」と応える青山。

 

憧れるけれど、それはなかなか手に入らないものだという青山に

自由は他者から嫌われる事だと大文字は言う。

 

誰だって嫌われたくない、認められたいという青山に

被害者に感謝されないのなら犯人を捕まえる必要はないのか?と問われ、

仕事だから犯人は捕まえるけれど認められたいと言う。

 

遺体を解剖しためい子は、死因は心不全であると言う。

心筋梗塞の既往歴があることから再発したと考えられるが

側頭部に内出血があることと髪にガラスの破片が付着することを蘭子に伝えろと言う。

 

凶器はガラス性だが、死因はあくまでも心不全という見解に

犯人は家族なのでは?と言うことになり調べ始める。

 

狸穴の邸宅を捜査し始める蘭子は、勝利、長男の寿也、長女の写真に目を止める。

 

浦部たちは家族に事情を聞き始めると、第一発見者は妻で

長男と秘書もその後に駆け付けたがその時すでに亡くなっていたという。

娘のさゆりは4年前からNYに移住しており今回はたまたま

日本での個展のために帰国していたと言う。

 

捜査会議では、狸穴が心筋梗塞で倒れた頃から

後継者の話があがり息子と秘書を後継者の名前に上がっていたことがわかる。

浦部たちは、息子と秘書がなんらかの可能性があるとし捜査を始める。

 

再び邸宅を訪れた蘭子と青山。

蘭子は、アルバムを勝手に持ち帰る。

 

そして、寿也の工房を訪れた蘭子は寿也から陶芸を習う。

趣味で作っていると言う寿也にプロになる気はなかったのか?と蘭子は問うた。

 

それに対し、寿也は狸穴の家に生まれた以上政治家になることが決められていたと言う。

 

次に娘のさゆりの元を訪れた蘭子と青山。

さゆりは知っている人のいないところで試したいと思いNYに旅立った事がわかる。

父と兄の関係について問われたさゆりは、あの家は特殊だという。

生まれた時から、家のために生きることが決められていたと蘭子に告げる。

 

一方、秘書を尾行していた浦部たちは秘書は神社の裏に隠していたお菓子の箱を持ちかえる。

その時、鑑識から青山が寿也からもらった陶器が現場のガラスの成分と一致したという情報が入る。

 

そして同時に、家政婦が現れ遺体が発見される前

寿也が「陶芸家として生きて行きたい」と狸穴と口論していた事を

隠していたと言いにやってくる。

 

それを聞いた浦部たちは、犯人は寿也と断定し

任意で取り調べを始めるが、狸穴の党本部から

上に圧力がかかり保釈することとなる。

 

蘭子は間雁とともに、娘の個展を訪れていた。

娘はレディ・リリーと言う名で人気のアーティストだった。

その彼女が実演パフォーマンスをするということで

会場には大勢の客がおりその中にめい子の姿もあった。

 

めい子は昔からのレディ・リリーのファンで

無名だった彼女は、ALONEという作品がある人の目にとまり

高額で購入された事から一気に人気が広がったと言う話を聞く。

 

青山は、秘書が隠したお菓子の店を訪れ狸穴の人が

買いに来なかったか聞き込みをし、

蘭子は、どこか海外へ電話をしている。

それを見た係長は自由でいいと呟くが…

 

いつものようにアルバムを見続ける蘭子はあることに気づき

いくつかの写真を抜き出しそれを並べる。

そして何かに気づき狸穴の邸宅に向かった。

 

邸宅では、さゆりが帰国の準備をしていた。

そしてタクシーに乗り込もうとした瞬間蘭子と青山が現れた。

 

事件関係者を集めた蘭子は、嘘をついている人間を見つけましたと全員に告げる。

 

寿也の陶器は凶器なのかはっきりさせたいという蘭子。

口論になったことを寿也に聞くと、口論になった時

父に陶器を投げつけられたと言う。

 

しかしその時勝利はまだ生きており、その後に内緒で

勝利に会いに言ったのはさゆりだと蘭子は言う。

 

勝利の部屋にある、オブジェを蘭は手にする

それはさゆりの幻の作品ALONEだった。

 

そして青山は、秘書が隠したお菓子はさゆりが帰国することになり

美味しいクッキーを食べさせたいと勝利がお忍びで買いに行ったものだと告げる。

 

家族との決別、家を捨てて1人で生きて行く覚悟をして

作った作品“ALONE”は誰かによって多額で買い取られた。

それによりさゆりの人気に火が付いたのだが、

それを購入したのは、実は父だと言うことがわかった。

 

それを確かめるためにさゆりは内緒で勝利に会いに来ていた。

いつも狸穴さんのおじょうさんと言われ続けてきたさゆりは父がずっと邪魔だった。

私は狸穴さんのおじょうさんではないと

狸穴さゆりだとずっと認めて欲しかったのに。

さゆりの肩に手をまわした勝利のその手を払った時勝利は苦しみ出した。

急いで救急車を呼ぼうとしたが、さゆりは呼ぶのをやめ

勝利を見殺しにしたのだ。

 

守られたかったんじゃなく認められたかったというさゆりに

だから見殺しにしたのかと蘭子は言い放つ。

 

そして蘭子は、嘘つきはひとりではないと続ける。

 

妻は娘が来た事を知っており、秘書も寿也も皆

さゆりがしたことだと気づいていたが、全員がさゆりの

罪を隠すために嘘をついたと蘭子は指摘する。

 

それを聞いたさゆりは、私は3人に守られてたの?と問うが

家を守ろうとしただけだと蘭子は言い放った――

 

 

「嫌われる勇気」4話の視聴率は?

第4話の視聴率は7.2%でした!

前回よりも0.6%アップです!

 

「嫌われる勇気」これまでの視聴率
第4話 7.2%
第3話 6.6%
第2話 6.4%
第1話 8.1%

 

 

「嫌われる勇気」4話の見所や気になった点など

今回のアドラーの心理学は「自由」。

それに基づき事件が構成されています。

 

自由とは?

誰もが手にしたいものだけれど、自由過ぎて蘭子のように嫌われるのも嫌。

誰だって嫌われたくないし認められたいという青山に対し

自由とは、嫌われる勇気を持つことだと大文字は言います。

 

それはまさしく蘭子の事で、蘭子が自由であるのは

嫌われる勇気を持ち得ていることだと言うことがわかります。

 

今回の、狸穴家の皆は自由になりたいと思ってはいるが

狸穴家という家に縛られている。

その事から起こった悲劇でもありました。

 

 

「嫌われる勇気」4話の個人的な感想と評価

今回は「自由」というアドラーの心理学でしたね。

 

自由に生きたいと誰もが願っていますが

そうできないのは、他の人にどう思われるか

気になるから同じような行動をとってしまう。

人間の心理ですよね。

 

誰かに認められたい、嫌われたくないと考え

自分の意思ややりたい事を抑えてしまうのは

それは自分の人生ではなく他人の人生になる。

 

“自分が自分のために生きていないなら誰が自分の人生を生きるのか“

 

大文字教授の言葉が心に響いた方も多かったのではないでしょうか?

 

実際そう生きれたらいいなとは思いますが

そう簡単にはできないのが人なのかもしれませんね。

 

“人生の結末を引き受けるのは自分しかいません”

今回の名言はコレですね。

 

 

まとめ

「嫌われる勇気」第4話のあらすじや感想をご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

このドラマは、刑事ドラマですが毎回アドラーの心理学に基づき構成されています。

 

青山と言う私たちに近い考えを持つ青年を通して

蘭子を見て行くのは面白い部分ですよね。

 

毎回、ハッとさせられる大文字教授のお話も見どころのひとつです!

 

次回も楽しみですね。

 

5話についてはこちら↓

アドラーの心理学に基づき構成された刑事ドラマ「嫌われる勇気」。 毎回、犯罪心理学やアドラーの心理学を元に事件を解決していきます。 今回はどんな事件が発生したのでしょうか?「嫌われる勇気」第5話のあらすじや感想をご紹介していきたいと思います。 4話についてはこちら↓ 【ドラマを見逃してしまった方へ】ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ系で放送されているため、動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。 登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧い...

 

見逃してしまった方へ

ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ系で放送されているため、

動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。


フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.