2017/09/30

さぼリーマン甘太朗お店の感想とロケ地撮影場所まとめ!地図情報も!

 
さぼリーマン甘太朗 お店 ロケ地 まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -

2017年4月からテレビ東京で新設された木曜深夜ドラマ枠!

第2弾は、テレビ東京が得意とするグルメドラマです!

 

グルメドラマと言えば「孤独のグルメ」!

深夜の飯テロといわれるほど、毎回おいしい料理があり深夜でありながら大人気のグルメドラマです。

孤独のグルメseason6第1話ロケ地のお店の場所とマップ情報
いよいよ始まりました「孤独のグルメseason6」! 深夜の飯テロと言われているこのドラマ!第1話は大阪出張に来た五郎さん。どんなお店で食事をしたのでしょうか?&...

 

「サボリーマン甘太郎」はスイーツ!

深夜のスイーツテロになりそうなこのドラマの主演は歌舞伎俳優の尾上松也さん。

 

老舗甘味処から知られざる名店までスイーツに酔いしれることができます。

 

ここでは、ドラマ内で撮影場所となったお店情報を最終回まで随時ご紹介していますので参考にしてくみてください♪

Sponsored Link

目次

第1話:あんみつ

店名:老舗甘味処「初音」


人形町を代表する甘味処の老舗甘味処「初音」は、

ここにいるだけで古き良き昭和にタイムスリップしたような気分になるハイカラでモダンなお店。

 

おすすめは、名物白玉あんみつ。

ベーシックなあんみつに200円プラスで白玉を乗せ

30円プラスしてつぶあんにするのがおすすめの食べ方。

 

そして、もうひとつ「白蜜」か「黒蜜」かが選べるのもポイント。

2人で行ってシェアするのもおすすめの食べ方!

 

みなさんの感想

 

 

 

 

甘味処「初音」のお店情報

店名 甘味処 初音
住所 東京都中央区日本橋人形町1-15-6
電話 03-3666-3082
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:30)

日曜・祝日11:00~18:00(L.O.17:30)

 

 

第2話:かき氷

店名:かき氷専門店「ぴぃす」

都内でも珍しいメニューがかき氷だけのかき氷専門店ぴぃす

店内はカウンター8席のみのアットホームな雰囲気のお店。

 

夏となれば数時間の待ち時間や行列も珍しくはないが、

朝10時以降に一度来店すれば先着順で食べたい時間が

指定できるという嬉しいシステムがあります。

 

こちらは一年中かき氷が楽しめるお店で、

通年商品の「塩キャラメル(ホイップクリームトッピング可)」は大人気のメニューです。

 

入荷次第で販売する限定メニュー「プレミアムメロンシャーベット」は

ふわふわの氷の上に完熟メロンの果肉そのままをジューサーにかけたメロンシロップがかかっている。

その上には、メロン玉とメロンシャーベットが可愛く盛り付けられている。

 

こちらのかき氷は、頭がキーンとする現象が起こらない

かき氷専門店ならではの徹底的な配慮がなされている。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

「氷屋ぴぃす」のお店情報

店名 氷屋ぴぃす
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 吉祥寺じぞうびる1階
電話 非公開
営業時間 火〜金13:00〜21:00(L.O.20:30)

土日祝日12:00〜20:00(L.O.19:30)

定休日 月曜 (月曜が祝日の時は営業。その場合翌日火曜が休み)

 

 

第3話:豆かん

店名:老舗「相模屋」

赤坂駅すぐ近くの老舗「相模屋」は、持ち帰り専門の老舗甘味店。

 

創業以来変わらぬ味を保っているということで

有名ホテルや喫茶店にも卸しており、有名人にもファンが多い。

 

人気のメニューのあんみつは、黒蜜か白蜜を選ぶことができる。

甘さを堪能したい人は黒蜜、さっぱりしたい方は白蜜がおすすめ。

 

相模屋の豆かんは、寒天・蜜・豆とシンプルな構成。

作りたての風味を生かすために寒天は固まりの状態で販売している。

 

みなさんの感想

 

 

 

「相模屋」お店情報

店名 赤坂 相模屋
住所 東京都港区赤坂3-14-8
電話 03-3583-6298
営業時間 月~金 10:00~19:00

土 10:00~18:00

定休日 日曜・祝日

 

 

店名:梅むら

東京・浅草、老舗が連なる場所で知らないと通りすぎてしまう名店が

こちらの「梅むら」です。

 

休日ともなると全国からファンが訪れ行列ができるほどで

「豆かん」発祥のお店です。

 

20年以上前に「孤独のグルメ」の原作本で登場しています。

店内は男性一人でも立ち寄れる気さくな雰囲気。

 

門外不出のレシピで炊かれた豆は他店に群を抜く品で

一度この味を知ってしまうと他の店の豆かんは満足できないという。

 

とにかく豆!豆!豆!のこの豆かんは、

「あんみつのアン抜き、フルーツ抜き、豆多め!」という

常連の注文に先代が答えていくうちに出来上がったものだそう。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

「梅むら」お店情報

店名 梅むら
住所 東京都台東区浅草3-22-12
電話 03-3873-6992
営業時間 13:00~17:00

土・祝13:00~16:00

定休日 日曜日

*店主高齢のため、臨時休業あり

 

 

店名:いり江

昭和初期から蒟蒻と寒天の製造を営んでいた「いり江」

豆かんは、豆と寒天のみのシンプルな一品。

 

究極の寒天は、先代から受け継がれたレシピ。

二代目は毎朝5時に起床し寒天を作っている。

 

北海道富良野産の赤えんどう豆はふっくらと炊き上げられている。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

「いり江」のお店情報

店名 いり江
住所 東京都江東区門前仲町2-6-6
電話 03-3643-1760
営業時間 11:00~19:30 (L.O.19:00)

土日祝日: 11:00~18:30 (L.O.18:00)

定休日 水曜日

(祝日及び1・15・28日はお縁日のため、水曜日も営業)

 

 

第4話:パフェ

店名:果実園リーベル新宿店

世界一乗降者が多い駅、新宿はスイーツ激戦区ともいえます。

そんな激戦区に去年7月にオープンしたのが

目黒の老舗フルーツショップ「果実園リーベル」新宿店です。

 

オーナーは果物店のアルバイト時代から50年近く果物の仕入れをしています。

定番メニューは1000円以内で食べられるのもうれしいポイント!

 

そしてなんといっても見た目の美しさと果物の量!

新宿店では、フルーツたっぷりのド派手なパフェが提供してもらえる。

 

甘太郎は、今が旬の桃のパフェを注文。

桃がたっぷり入ったパフェでした。

 

みなさんの感想

あまりの美味さにその場でパフェ部が発足した。マンゴーごつ盛り #fruits #parfait #mango

Ayaka Itoさん(@s04063ai)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

オープンしたての果実園リーベル新宿店で桃パフェ。桃、山盛り。

ゆたさん(@insta_yuta)がシェアした投稿 –

 

「果実園リーベル新宿店」のお店情報

店名 果実園リーベル新宿店
住所 東京都渋谷区代々木2-7-7南新宿277ビルB1
電話 03-6276-8065
営業時間 7:30~23:00 (L.O)22:30

 

 

第5話:ホットケーキ

店名:珈琲天国

観光客で賑わう浅草寺の傍らに佇む「珈琲天国」は、

北海道出身の女性店主がひとりで切り盛りしている。

 

“流行りのパンケーキではなく本当においしい昭和のホットケーキを出したい”

という思いから都内有名店を食べ歩き、

何年もかけて研究し完成したホットケーキが人気メニューです。

 

“天国”と焼き印されたホットケーキは懐かしい味。

そんな懐かしい昭和の味を求めてお客さんが集まる。

 

店内には、食器や手ぬぐいなどの天国グッズが販売されており外国人にも好評です。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

「珈琲天国」のお店情報

店名 珈琲天国
住所 東京都台東区浅草1−41−9
電話 03-5828-0591
営業時間 12:00~18:30(L.O)
定休日 火曜日

 

 

第6話:抹茶ババロア

店名:紀の善

歴史と文化の街、神楽坂に江戸末期からある老舗「紀の善」

 

開業当時は寿司屋だったのだが、昭和23年に甘味処になりました。

 

人気メニューは、あんみつ・しるこ、そして今回の抹茶ババロアです。

 

25年前、洋菓子店で抹茶ケーキを食べた女将が、

これよりおいしい抹茶のお菓子を作る!と思ったのが誕生秘話。

 

和菓子の概念を覆した老舗のこのチャレンジが今ではこのお店の人気メニューとなっています。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

 

 

紀の善のお店情報

店名 紀の善
住所 東京都新宿区神楽坂1−12
電話 03-3269-2920
営業時間 火~土曜:11:00~20:00

日祭日:11:30~18:00

定休日 月曜定休(祝日は営業、火曜が休み)

 

 

第7話:サバラン

店名:カフェ ルシェルシュ

異国情緒あふれる横浜の高級住宅街・山手で女性オーナーが

ひとりで切り盛りしている「カフェ ルシェルシュ」

 

店内はアンティークな家具で統一され心地よい空間の街角にある小さなカフェです。

 

フランスの洋菓子「サバラン」の魅力を知ったオーナーが

自分が理想だと思う洋菓子を提供するという思いでオープンさせました。

 

サバランはブリオッシュ生地にたっぷりとシロップを

染み込ませ強めのラムを加えた大人のスイーツです。

 

※サバランは数量限定商品ですので売り切れの場合もあります。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

 

 

「カフェ ルシェルシュ」のお店情報

店名 カフェ ルシェルシュ
住所 神奈川県横浜市中区麦田町2-45
電話 045-264-4837
営業時間 12:00~18:00
定休日 月曜・火曜定休 ※不定休あり

 

 

第8話:おはぎ

店名:タケノとおはぎ

サザエさんの街で知られる桜新町にあるの「タケノとおはぎ」は、

2016年にオープンした比較的新しいお店です。

 

もともとあんこが嫌いだった店主だったが、祖母が作るおはぎを

食べて以来その魅力にはまりこの店をオープンしました。

 

季節の旬の素材を取り入れ時期によってメニューが違うのが最大の特徴。

 

定番の“こしあん”“つぶあん”のほかに数種類の変わり種おはぎが味わえる。

 

おはぎの概念を崩す、カラフルなおはぎはインスタ映えすること間違いなしです。

 

みなさんの感想

 

 

 

「タケノとおはぎ」お店情報

店名 タケノとおはぎ
住所 東京都世田谷区桜新町1-21-11
電話 03-6413-1227
営業時間 12時~18時(売りきり終了)
定休日 月曜・火曜

 

 

第9話:エクレア

店名:リュードパッシー

もともと駒沢通沿いで10年間営業していた「リュードパッシー」は、

店が手狭になり学芸大学駅に移転してきました。

 

“日常の中の贅沢”がコンセプトのこの店の看板メニューは

フランス菓子の大定番の2種類のエクレールです。

 

エクレールキャラメルは、伝統を味わえる一品。

エクレールショコラは、一口食べればチョコレートクリームにも

負けないほどの幸福感があふれ出す味となっています。

 

見た目が美しくSNSを中心に話題となっています。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

「リュードパッシー」のお店情報

店名 リュードパッシー
住所 東京都目黒区鷹番3-17-6
電話 03-5723-6307
営業時間 10:00~19:30
定休日 水曜日

 

 

第10話:プリン

店名:エッセドゥエ

#essedue 昨日の#サボリーマン甘太郎 でプリンが取り上げられていてどーしても食べたくて…ランチがてら行ってみました。 ランチは客のほぼ全員がピッツァランチの印象。生地は薄くてモチモチ、とっても美味しい!サラダとドリンク付きで1200円ってコスパよすぎでしょ! で、お目当のプリン…#スイーツナイト の言う通り卵が濃くて、硬くて柔らかい…絶妙な柔らかさ♡ お店の印象として、忙しそうだけど店員さんたちが少数精鋭な感じでとてもテキパキされていてとても好印象! あまり赤坂って用事ないけど、また行きたいな♡ 天気もよかったので、お外の席でランチしましたが気持ちよかったです♡ #エッセドゥエ#赤坂#ランチ#

@asayonbeがシェアした投稿 –

東京・赤坂でいち早く本格的なピザ焼き石窯を導入して話題を集めたのが、

創業20年を迎える「エッセドゥエ」です。

 

元々、1階はピッツァ専門店、地下1階がイタリア居酒屋というスタイルだったが、数年前に垣根をなくし融合しました。

 

イタリア料理が定番人気ですが、デザートも人気です。

ティラミスやジェラートはもちろんですが

特に人気があるのが濃厚クリームプリン。

 

プリンと言えば単体ですが、

こちらのプリンはケーキのようなホール状に焼いたものからピースを切り出すスタイル。

 

イタリアの伝統菓子クレーマカラメラータと言います。

 

テーマは「柔らかくて立つ限界」というだけあって

しっかりと堅そうに見えるが一口食べると食感は驚くほどなめらかで軽い。

 

一度食べたら必ずリピートしたくなる絶品プリンです。

 

みなさんの感想

 

 

 

 

 

「エッセドゥエ」お店情報

店名 エッセドゥエ
住所 東京都港区赤坂6-11-13 Fabricビル1F・B1F
電話 03-3585-2232
営業時間 11時30分~15時

18時~23時

定休日 なし

 

 

第11話:チョコレート

店名:ミニマル

芸能人や業界関係者が多く住む渋谷区富ヶ谷の路地にある

チョコレート専門店「ミニマル」。

 

店主が世界中のカカオ農園に足を運び品質のよいカカオ豆を厳選し

仕入れ自社工房で板チョコレートを作っている。

 

原材料はカカオと砂糖のみそのほかのものは一切使用していない。

 

暑い季節にお勧めなのが、アイスドリンク、ショコラトルと

ショコラトルーモカーの2種類。

 

そしてカカオ産別に7種類を用意した板チョコのおすすめは

ベトナム産カカオFRUITY BERRY-LIKE ベトナムです。

 

酸味や渋みがあり、チョコレートとは思えない

ジューシーな果実感ビジネスマンや主婦などにおすすめです。

 

今回、甘太郎さんが注文した「フォンダン・タルト・ショコラ」が復活!

富ヶ谷店限定で9月23日から10月1日まで(1日限定10個)販売されます。

 

みなさんの感想

 

 

 

「ミニマル」のお店情報

店名 ミニマル
住所 東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
電話 03-6322-9998
営業時間 11:30~19:00
定休日 定休日なし

 

 

第12話(最終回):モンブラン

店名:和栗や

映画やドラマのロケ地として有名な谷中銀座。

レトロな雰囲気の街並みの中にあるのが「和栗や」です。

 

一歩足を踏み入れればほっこりとした気分になる店内は、

平日でも多くのスイーツ好きで賑わっています。

 

このお店で一度は食べていただきたいのは、9月中旬から限定発売される

希少種人丸を使用した秋限定のモンブランHITOMARU。

 

栗本来のしっかりとした味わいに鮮やかな黄色、上品な香りの逸品だ。

 

“お寿司を食べる感覚と同じような感覚で食べていただくモンブラン”

というだけあって見た目も美しい。

 

外国人旅行客も多い谷中銀座。

食べ歩き用の栗のソフトクリームは驚異的なリピーター率を誇ります。

 

みなさんの感想

 

 

和栗モンブラン限定10 #和栗屋#限定モンブラン

Hitomi Saitouさん(@himtan1109)がシェアした投稿 –

 

 

 

「和栗や」のお店情報

店名 和栗や
住所 東京都台東区谷中3-9-14
電話 03-5834-2243
営業時間 11:00〜19:00(店内飲食LO 18:30)
定休日 月曜日

※春期、秋期の繁忙期は休みなし

 

 

まとめ

サボリーマン甘太郎のロケ地となったお店をご紹介しました。

 

ドラマに登場するお店は実在するお店ばかり。

スイーツが食べたくなったら是非訪れてみてください。

 

最終回まで、ロケ地をご紹介していますのでスイーツ巡りの参考にしていただければ幸いです(*^▽^*)

 

さぼリーマン甘太朗の関連記事はこちら▼

さぼリーマン甘太朗ドラマあらすじネタバレと原作は?感想評価も!
2017年4月より新たに新設されたテレビ東京の「木ドラ25」!第1弾は現在放送中の「100万円の女たち」ですが、7月スタートの第2弾のドラマが決定しました! 第2弾は...
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.