人パー最終回結末ネタバレとロケ地は? 榊さんの感想評価がヤバイ!

 
人は見た目が100パーセントの最終回結末ネタバレ

この記事を書いている人 - WRITER -

「人は見た目が100パーセント」が最終回を迎えましたが

みなさんは御覧になられましたでしょうか?

 

女子もどきの3人が、ファッションや恋愛に全力で取り組むこのドラマ。

 

ようやく手に入れた恋愛だけど、まさかの2股が発覚!

 

城之内純は、この恋を手に入れるのか?

それとも友情を取るのか。

 

最終回はどんな結末になったのか、ご紹介したいと思います。

 

ドラマを見逃してしまった方へ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系で放送されているため、
動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

 

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。

 

フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

Sponsored Link

「人は見た目が100パーセント」最終回のあらすじ結末とネタバレ

純は榊さんが女性とキスをしているところを目撃し動揺する。

榊さんにそのことを聞くが、全く悪びれる様子もなく認め、

純も彼女も両方が好きで、両方が彼女だと言い切る。

 

すべてを受け入れているのだから、僕の全ても受け入れてほしいと言われ、

純は戸惑い、迷いながら少し榊さんと距離をおくことにする。

 

そのことを、満子や聖良に報告すると、

純が決めたことが正しいと2人とも胸をなでおろす。

 

しかし、初めての恋愛、初めての失恋に立ち直ることができない純は、

気を紛らわすために、掃除や運動をするのだが眠れずにいた。

 

満子と聖良はそんな純を見て、力になろうと決め、

お弁当を作って励ます。

 

そんな2人の気持ちに純も少しづつ前のように元気になっていく。

 

ある日、純の前に榊さんが現れる。

慌てて逃げようとする純を追いかけ純のことをずっと考えていたと告げ、

「城之内さんも同じきもちですよね?」と問われ純の心は揺れ始める。

 

その後、純と満子と聖良で一緒にいた時、

榊さんは純を食事に誘う。

 

それを見た、2人は無神経な榊さんに怒りをぶつけるのだが、

そんな2人の気持ちをよそに純は榊さんの誘いを受けてしまう。

 

よりを戻そうとしている純を責めた満子と聖良に

「この気持ちはふたりにはわからない」と純は言ってしまう。

 

すると「勝手にすればいい」そう言い放って満子は部屋を出ていく。

 

純は、榊さんとの恋愛を取るのか、

それとも自分のことを考えてくれている満子と聖良との友情を取るのか――

 

それでは最終回の結末をご紹介したいと思います。

最終回結末はネタバレを含みますのでご注意ください!

 

Sponsored Link

 

最終回結末

あんな風にされた榊さんの食事の誘いをうけた純に満子たちは、

やめたほうがいいとアドバイスするのだが、

「榊さんといるだけで幸せ、忘れようと苦しむよりも幸せな時間を大切にしたい」と純は言う。

 

それは逃げてるだけ、今よりも苦しくなるだけと満子と聖良は説得するのだが、

純の気持ちは変わらず、

「2人には関係ない、私の問題」といい怒らせてしまう。

 

喧嘩をしてしまった3人は仕事も険悪なムードだ。

その時、國木が創立記念パーティーのために研究をしないのかと研究室にやってくるのだが、

純は帰ってしまう。

 

そんな純を横目に、満子と聖良と國木は香水の研究を始めた。

 

一方、純は榊と食事をしていた。

今まで、ファッションなどの研究をしていたという話をし創立記念パーティーの話をすると

「研究なんてしなくてもいい。得意な人がすればいい。僕が選びます」

と言われるのだが、素直に喜ぶことができない。

 

その後、榊に洋服を選んでもらった純は試着室に入る。

すると、外で待つ榊に彼女から電話が入る。

 

具合が悪いという話を聞き、純は彼女のところへ行っていいと言ってしまう。

 

オフィスに戻った純は、國木に出会う。

すると「あの2人ビューティー研究しているよ。あなたはいいの?」と言われる。

 

そのまま研究室に向かうと、2人はハイヒールの研究をしていた。

 

それを見ながら純は思い出していた。

 

彼女の元へ行こうとしている榊に純は「すべてを受け入れるのは無理です」と言ったのだが、

「お互い無理して直すの?人は変わらないもの。だから無理しないで受け入れる。ヘアメイクも僕がやりますから」と言われ

純は、違和感を感じながらもそれを受け入れていたのだ。

 

パーティーの当日、純は榊に選んでもらった服を着て美容院に向かう。

そして、榊にヘアメイクをしてもらい会場に向かった。

 

パーティー会場に入ると、

岸根や森村に可愛い、ステキと褒められるのだが、

どうしても素直に喜べないでいる純。

 

満子と聖良の姿を見つけるのだが、

声をかけることもできない。

 

その時、明日八王子製紙にデータを取りに行くよう松浦が純に言う。

そして、「あの2人の格好見た?あれでおしゃれしてきたつもりなのかしら?」と純にいい

「あなたはセンスいいわね。それ新作ね」というのだが

純はこの洋服が新作なのかもわからない。

 

そんな純を見た松浦は「そんな事だと思った」と呆れる。

 

「綺麗になるってどういうことですか?」と聞いた純に

「そんなこと聞かなくてももうわかっているでしょ?」そう松浦は言った。

 

翌日、純はひさしぶりに八王子製紙に来ていた。

上司にすっかり見違えたと言われ驚く純。

 

「別人だよ、自分ではわからないかもしれないけど雰囲気が違う。

城之内さんは引っ込み思案だから馴染めるのか心配してたんだけど安心した、人って頑張れば変われるんだね」そう言われる。

 

純は思い出していた。

あの日、丸の内に行きたくないと泣いた日、3人でビューティー研究をしていた日々。

榊さんに出会ったこと、今までのすべてのことを。

そして、人は頑張れば変われるということに気づく。

 

そのまま、丸の内に戻った純は榊を待っていた。

 

待っていてくれたのかと喜ぶ榊に純は言った。

 

「東…私、東に行きたいです。

太陽に背を向けないで、太陽に向かって歩いていきたい。

変われます人は。

一緒に悩んだり、喜んだり、頑張ってくれる人がいれば。

私は変わりたい。これからも変わり続けたいです。

ダメなんです。変わらなきゃ」

 

「どうして変わりたいの?」と聞いた榊に

「榊さんはどうして変わりたくないんですか?」と問うと、

「どうしてだろうね…短い間だったけど楽しかったです。ありがとう」

そう言って榊は笑った。

 

純は、研究室に向かった。

そこに満子と聖良はいなかったのだが、2人が帰ってきた気配に思わず隠れてしまう。

 

見つかった純は、2人にこう話した。

 

「お別れしてきました。榊さんと…。私おかしくなっていました。

恋したの初めてで舞い上がって混乱して、一番大切なもの見失いかけていました。

やっと気づけたんです。前田さんと佐藤さんが気づかせてくれたんです。

だから、謝りたくて。今更許してくれないかもしれないけど、謝りたくて。

本当にごめんなさい。それから感謝しています。

今までいつも一緒にいてくれてありがとうございました。それじゃ」

 

そう言って去ろうとした純に、

「頑張ったね、辛かったよねすごく。でも頑張ったね」そう言って満子は抱きしめてくれた。

 

2か月後、ファンデーションの発売日がきた。

 

國木は、自分たちが作り上げたものをきちんと自分たちの目で見てきなさいと3人を送り出す。

 

外に出ると、榊に出会った。

 

ファンデーションの発売日だと告げると

「おめでとうございます」と笑った榊さん。

 

純が去ろうとすると、

純を呼び止め何か言おうとする榊さんだったが、

結局何も言わないまま純を見送った。

 

晴れ晴れとした表情の純は満子と聖良にこう言った。

「やっぱり大事にしていこうと思います。綺麗な髪ですね、って榊さんに言われた言葉をこれからもお守りにして。

すごくうれしかったし勇気をもらえたから。」

 

それを聞いた満子は、「確かに褒められる言葉ってすごい力持ってるよね」と言い

「似合う、おしゃれ、って言われる事は物をもらったよりもうれしいですね」と聖良は笑う。

 

「それ知ったら研究やめらないですね」と3人で笑い合う。

 

そして3人は今日も研究をする。

「ファンデーション、研究しましょう」と――

 

 

「人は見た目が100パーセント」最終回のロケ地は?

最終回はどんな場所で撮影されたのでしょうか?

最終回のロケ地をご紹介したいと思います。

 

512Café&GRILL 


榊さんに彼女のことを聞いたシーンは、512Café&GRILLはと予想しています。

榊さんの考え方に衝撃を受けた方が多かったのではないでしょうか?

 

バトゥールTOKYO

25周年パーティーの会場はバトゥールTOKYOで撮影されたのではないかと予想しています。

みんなが3人のことを心配しているシーンはよかったですよね。

 

館山シーサイドビレッジ

八王子製紙は、館山シーサイドビレッジで撮影されたようですね。

泣きながら丸の内に行った純が変わったと上司に言われて嬉しそうでしたね。

 

スギ薬局八日町店

満子と聖良、國木で香水を買いに来たシーンはスギ薬局八日町店で撮影されたと予想しています。

自分に合う香水がないと知った聖良が、カレールーを塗ったシーンは本当に面白かったですよね。

 

 

「人は見た目が100パーセント」最終回の感想は?

最終回を見たみなさんの感想はどのようなものだったのでしょうか?

Twitterからご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

最終回直前に榊さんの衝撃の展開にみなさん動揺したとは思いますが、

ラストのシーンで榊さんが言葉を飲み込んだシーンは反響が多かったですね。

 

榊さんが何を言いたかったのか、は見ている側の想像になるとは思いますが、

個人的には、きれいになったねというような事だったのではないかと感じています。

それを飲み込んだのは、自分が変われていないからだと感じたのではないかと思いました。

 

 

まとめ

「人は見た目が100パーセント」の最終回をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

綺麗になるということはどういうことなのか。

それをテーマに女子もどきが奮闘する物語でした。

 

3人の友情も心がほっこりしましたし、

毎回國木さんが登場するシーンでは本当に面白く楽しませてもらいました。

 

またいつか、この3人に会いたいなと思います。

素敵なドラマでした。

 

ひとパーの原作漫画も気になる人はチェックしてみてくださいね▼

 

ひとパーの関連記事はこちら

 

見逃してしまった方へ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」はフジテレビ系で放送されているため、

動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」で見る事が可能です。

登録後は、無料期間が最大1ヶ月ありますので気軽にご覧いただけます。


フジテレビオンデマンド(FOD)の登録はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ドラマニアS , 2017 All Rights Reserved.